ショッピングへ出かける際に電車で優雅な旅のひと時を過ごそう!

今や電車や鉄道は、生活に欠かせない交通手段になっています。

多くの人が人生で一度必ず乗ったことがあるといっても過言ではないでしょう。

通勤手段や旅行、ショッピングへ出かける際にも利用する交通手段として日本人に愛されている電車と鉄道です。

そんな電車や鉄道ですが、多くの人は「電車」と呼んでいる人が多いように見受けられます。

あまり「鉄道」と発言する人は少ないようです。

鉄道というと一種のマニアックな知識を持ち合わせた人が使っているようにも思えたりします。

そんな電車と鉄道の違いですが、一般的に鉄の道を走っている交通手段を鉄道と呼んでいます。

よって蒸気機関車のSLやチンチン電車と呼ばれている路面電車も、普段私達が使っている電車も鉄道というわけです。

そして電気で走っているの電車と呼んでいます。

よって鉄道と発言する人は、電車で走っていないSL機関車など特別な乗り物に興味を示す鉄道マニアのようなコアな人が使う言葉のようです。

電車や鉄道に興味を示す鉄道マニアの呼び方も最近は変わってきたようです。

鉄道ファン、異常なほど興味を示すマニアを「鉄キチ」と呼んだりすることもあるようです。

多くの男の子は小さい頃から乗り物に関心を示すものです。

そしてそれに連れ添う母親にも愛称があるようで「ママ鉄」と呼ばれたりするそうです。

元々電車に興味があったことから、子供にその趣味や趣向を教えこむ母親のことを指したり、子供のために連れてきたが電車の魅力にのめり込む母親を指す言葉でもあります。

言葉から見てもこれほど深く広がるように電車や鉄道は奥が深いようです。

普段、何も考えることなく目的地についてくれる乗り物である電車。

そして日本では世界では類を見ないほど時間に正確で、利用者にとっては生活に欠かすことができない乗り物でもあります。

電車や鉄道の種類も多く、それぞれ趣味や趣向、また手段によって使い分けていくことになります。

少しでも電車や鉄道に興味を持ち、生活で使っている乗り物に興味を抱くと愛着が湧いてくるかもしれませんね。

明るい日本をこの目で確かめながら一人旅

自分との出会い。現地の人とのふれあい。ひとりだからこそ、みえるもの、発見することがあります。自由きままに、気の向くままに。あなたなら、どこに行きたい?

意外に多い!? ひとり旅経験者

ある旅行会社で会員を対象におこなった調査によると、海外に一人で行ったことのある人は全体の53.4%。国内でのひとり旅経験者は、58.4%でした。旅行会社の会員ですから、もともと旅好きの中でのアンケートですが、それでも、これだけの人がひとりで旅行したことがあるというのは、すごいことです。

旅先 おススメスポット

海外・・・距離的にも近くて費用も安くすむアジアは女性にも人気。ヨガやスパを満喫できるアジアンリゾートのバリ、グルメが充実している台湾やタイのバンコク、香港などが楽しめそう。ヨーロッパ、アメリカも都心は旅行者にやさしい地域。特にパリ、ロンドン、ニューヨークはひとり旅にも人気のスポットです。

国内・・・飛行機をつかっての遠出なら、沖縄、渥美大島、屋久島などの南の離島か、北海道。大自然のスケールに抱かれて、新しい自分と出会えそう。電車や鉄道にゆられて行くなら、京都や日光、箱根が上位にランクイン。静岡県や山梨県をめぐりながら、富士山をみにいくのもおススメ。

こんなものを持っていくと便利

ガイドブックは必需品。小説などの本は、ひとりで時間をもてあますときに読めるので重宝します。スマートホン、タブレットは情報収集に便利で、リアルタイムで写真やメッセージをおくることができるので、旅を楽しく豊にしてくれます。ボールペンなどの書くものは、旅日記をつけたり、現地でハガキをだすのに役立ちます。

気をつけたいこと

普段の生活で気をつけることと変わりませんが、非日常の中でつい大胆に開放的な気持ちになることもありますから、意識しておきましょう。

・暗くなってから人通りの少ない場所を歩かない。
(日常でもそうですが、特に知らない土地では気をつけましょう。)

・ブランドものや貴金属など、高価なものは極力身につけない。
(お金持ちに見られることは、スリや泥棒に目をつけられやるいです。)

・チャックなしの口の開いたカバンは持ち歩かないこと。
(日本では安全であっても、海外では気をつけてください。どの国も、治安は日本より悪い、と認識したほうがよいです。)

誰かがいっしょではできない特別な経験が、ひとり旅にはあります。行動のすべてが自分の判断ですから、責任もかかってきます。治安などの安全面には気をつけて、冒険を楽しみましょう!